料理上手はやっぱりモテる

Pocket

最近は料理ができる男性も増えてきましたね。

料理するのが好きで、楽しくて、やっているうちに簡単なものなら何でもできるようになった、という男性も珍しくありません。

え~そんな料理上手な彼だったら、私は作らなくていいかも♪ なんて思うなかれ。

男性はやっぱり 料理下手&料理をしない女子より、料理上手な女子に惚れやすいのです。

冷蔵庫にある材料で、ぱぱっとごはんに合うおかずを作れるようなら、あなたは彼の嫁候補になれるだろう。

この「 ごはんに合う 」っていうのがポイント。パスタやオーブンで焼きました系のおしゃれな料理も喜んではもらえるけれど、男性はやはり ごはんに合うおかずが安心できるし、食べたなあ~って気持ちになるようなのです。

「 私、全然 料理できない・・・」

「 作れるのはカマボコ切るくらい・・・」

って、それ 作ってないから!!

そんなお料理できない女子たちもいるでしょう。

今からでも遅くない。とにかく包丁に慣れることから始めよう。この、包丁を握った感じ、これで料理をしているか否かが瞬時にバレてしまうのです。

今はお料理本もたくさん出版されているし、ネットでいくらでもレシピが検索できる時代。ただ、やり慣れていない状態でレシピを見ながら作っても おそろしく時間がかかってしまうので、普段の自分の食事から作れるようになっておこう。

それでも、どうしても苦手意識があるのなら、正直にお料理が苦手なことを彼に伝えましょう。伝えて、苦手なものを克服しようと努力している姿を彼に見せること。自分のためにこんなに努力して作ろうとしているあなたの姿に、彼は感動して愛おしく思ってくれるはずです。

生活感のないキレイな女性も男性は好きだけれど、結婚を意識したときに、生活の上での「食」は大事なことだから。

男性の胃袋を掴んで家庭的なあなたの一面も知ってもらえると、彼の愛情も一層 深まることは間違いないでしょう ^^

彼との会話の中で、食の好みを聞いておくことも大切。食の好みで作るべきお料理がわかるので、それとなく聞いてみよう。

彼のお母さんがお料理上手だったりするとハードルが高いので、これも要チェック。

お母さんに対抗心を燃やすよりも、彼の好物を素直に聞いて、お母様に作り方を聞いてしまえばいいのです。その素直さが、かわいい嫁候補として認めてもらえるはずだから。

お料理は、彼に作ってあげるだけでなく 一緒に作っても楽しい時間が過ごせるので、最初は一緒に作れるものからつくってもいいかもしれない。

そんなに難しい料理じゃなくて、楽しく作れるもの。

たとえばギョーザの市販の具と皮を買ってきて一緒に包んで焼くとか、タコ焼き器を買ってきて中に色々な具を入れて一緒に焼くとか。タコ焼きの粉も売ってるし混ぜるだけだからw

小さいホットプレートでホットケーキやバナナを焼くだけでも美味しいし、不格好に焼けたとしても はちみつやメープルシロップをかけ合いながら一緒に食べたら、きっとなんでも嬉しいでしょ♪

男性は「食」で あなたとの結婚を意識します。これはかなり大きいと思います。

ぜひ、彼の胃袋を掴んでいただきたいと思います。

今日は【 料理上手はやっぱりモテる 】についてお伝えしました。

今 完璧に作れなくても、彼に喜んでもらいたい!って気持ちがあれば大丈夫。

作れるようになると、手抜きの仕方や お惣菜を手作りっぽく見せる小技も身についてきますから。彩り豊かにね♪

それではこのへんで。

” 人とかかわることで人生が変わる ”

恋愛婚活教育コーチの栗田 和佳でした☆