男が欲しい!は、恥ずかしくないこと。

Pocket

「 結婚したい!」とか「 恋愛したい!」とか「 彼氏が欲しい!」とか、みんな公言するのが どうも恥ずかしいらしい。

そんなの、なんだかガツガツしているみたいだし、なんか男が欲しい!っていうのもねえ・・・ってとこだろう。

でもね、それは恥ずかしい事でもなんでもない。

男性が欲しい = 男性に認められたい

女性だったら、と~~~~~っても自然なことなのです。

異性のパートナーがいる人生と、いない人生。まったく違う人生になることは確かです。そりゃあね、楽しくて毎日ハッピー!なんてことばかりではないけれど、異性のパートナーがいることは、あなたがあなた自身を愛することにもつながってくるのです。

さあ、

誰かを愛して愛されることを放棄しないでいよう。

女性として生まれてきて、男性からの愛情を感じることはあなたの特権なんだから。

年齢なんて関係ない。

女性は、歳を重ねても いつまでも恋愛・結婚できるんだから。

タレント・エッセイスト・司会者でもある、阿川佐和子さんが63歳でご結婚されたこと、ご存知ですか?彼女は初婚。お相手はバツイチの年上の大学教授の方とか。

不倫だの、略奪だの、いろいろ言われているようではありますが、私は素直に「 うわっ! ステキ 」って思いました。阿川さん28歳の時にお相手の方とはじめて会っていて、その時にはお相手の方には妻子がいて・・・ということなんですが、もう、この事実だけでも「 すごい 」としか言いようのないものですよ。

どーーーーーーしても好きで、一緒にいたかったんだなあ!って感動すら覚えました。

阿川さんは、諦めなかった。途中 諦めた時期もあったのかもしれないけれど、持ち前の明るさと人を思いやる優しさ、そしてユーモアを忘れなかった・・・そして63歳で結婚!ですよ。

女性は、いくつになっても恋愛・結婚できます。

自分を制限しているのは、他の誰でもない 自分自身。そのことに気がついて、目をそらしていたものと向き合い、自分を見つめなおしたその時に 新しい道が必ず目の前に開かれます。

変わらない現実の延長線上にいることを選んでいるのは、あなた自身なのです。

ぜひ、今から「 変わろう!」って決めていただきたいと思います。

今日は【 男が欲しい!は、恥ずかしくないこと 】についてお伝えしました。

それは、うぬぼれでも高慢でも なんでもない。自己認識であり、自分を大切に思っているということなんです。・・・でも、ダメ男だったら いらないけどねっ!w

それではこのへんで。

” 人とかかわることで人生が変わる ”

恋愛婚活教育コーチの栗田 和佳でした☆