じじばばでも、恋をする。

Pocket

「 じじばば 」なんて言ってはいけませんね。ご高齢の方も恋をします。70歳でも80歳でも90歳でも!

こんにちは!” 人とかかわることで人生が変わる ” 婚活教育コーチをめざす、かなおです^^

私はフリーで、高齢者を対象としたエステやリフレクソロジーといった施術を生業にしているのですが、出張先のご高齢のお客様は皆さん、70歳後半から90歳前半です。以前は105歳のご婦人にフェイシャルを施させていただいたこともあります。

男性3割・女性7割くらいのお客様。高齢者福祉施設や個人宅へ出向いての施術なのですが、いろんな方がいらっしゃいます。車椅子の方、会話が成立されない方、気持ちが不安定な方…

私は技術的なものより、心に寄り添った施術を心がけていますので、返事が返ってこなくても、会話がかみ合わなくても笑顔で始終話しかけます。そしてよく笑います、大きな声で。

そうするとね、感情がないような表情の方でも、微笑んでくださるんですよね!それに、私は相手の手や身体や足に、親しみを込めてふれています。(当然エロなしです(笑))人のぬくもりってダイレクトに伝わりますし、私自身の気持ちにブレがあると、それもしっかり相手に伝わってしまいますから、毎回 真剣に取り組んでいるんです。


死ぬまで人を愛していく

そんなわけで、多くの高齢者の方とお会いしてお話をさせていただいているのですが、何回か回数を重ねて施術を受けて下さるお客様とは、結構な割合で恋バナ♡です。とくに女性ですが^^

「 私はね、今でも亡くなった主人を思い出しては涙を流すの。こんな私を大切に想ってくれてありがとうって。毎日、思い出しては感謝してるのよ 」(90歳女性)

「 主人が亡くなってからもうずいぶん経つけれど、私、いま恋をしてるのよ。ここの施設の男性スタッフ(30歳)に。息子にこんなことを言ったら怒られるかしら 」(79歳女性)

「 私はねえ、今はこんなにしわくちゃで見る影もないけれど、娘のころはなかなか男性にモテたのよ~。でも昔はね、自分が好きな人とは一緒になれなかったのよね。親が決めた男の人と初めて会った次の日にはもう結婚の約束よ。亡くなった主人には感謝しているけれど、これからはいろんな人を好きになろうと思って!心の中だけでね 」(83歳女性)

「 こんなこと、恥ずかしくて言えないんだけどさあ、死んだばあさんにも悪いんだけどさあ、ここの施設に新しく入居してきた○○さんが初恋の人に似ていて気になっちゃうんだよなあ。どうしたらいいと思う?」(91歳男性)

…いかがですか?私はお話を聞いていて、かわいい~~~!!って叫んじゃいましたけれど。女性っていつまでも恋する乙女なんだ、男性もいつまでも恋する気持ちを失わないんだ、ってクラクラしましたね。じじばばが気持ち悪い…なんて、ひとかけらも思いませんでしたよ。感動すら覚えました。

こんなふうに話してくれるのも、私に対して心を開いてくれているからでしょうね。とっても嬉しいです。

じじばばでも、恋をするんです。いくつになっても、死ぬまで恋をしていくのが人間の性です。全然恥ずかしい事じゃない。馬鹿らしいことじゃない。生きる喜びです。人に恋すること、人を愛すること、慈しむこと…なんて素晴らしいんだろううう!と改めて実感しました。じじばばでも恋をします。恋をするんです!ですから、恋愛や結婚にビビりになってるなんてもったいない!ぜひ恐れず進みましょうね。進んでいいんです^^

今日は、【 施術時間がおすほどに じじばばの恋バナに感動し、人は何歳になっても恋することができるんだ!と再確認できたお話 】をお伝えいたしました。

…それでは今日はこのへんで。皆さん素敵な一日を^^かなおでした☆