その話し方や口ぐせで、ホントにいいの?

Pocket

自分の話し方や口ぐせを気にしたことってありますか?

自分が誰かと話している時、それを録音してみると 自分ではないような声と話し方で驚きます。なんとなく居心地が悪いような気持ちになって「 え~~やだあ 」なんて思ってしまうのは私だけでしょうかw

自分が聞いている自分の声とは違うし、話し方も気になります。

でも一度、自分が話しているのを録音してみると「 話し方 」や「 口ぐせ 」がわかるのでやってみる価値はあると思います。

なぜなら、その「 話し方 」や「 口ぐせ 」が、あなたの人生に大きく影響しているから。

恋愛や婚活でいうのなら、

「 なんか、いい出逢いがないんです 」

「 付き合い始めても続かないんです 」

「 私は太っているからダメなんです 」

などなど。

ご自身でそう思っているから言葉に出るわけなんですが、そう言っている時点で 自分の現実を決定づけているんです。・・・って、ん~~ちょっとわかりにくいかな。

言葉の持つチカラって本当に大きくて、言霊( ことだま )っていうくらいなんですけれど、その言葉がそのまま現実になるんです。

なので、言葉を使う時は慎重に。自分の口ぐせや話し方を見直してみることが大切なんです。

「 お金がない 」なんて言うのも もってのほか。

今の現実を変えたいのであれば

今はまだ、いい出逢いがないんです。( =これから出逢いがあるけれど )」

「 付き合い始めても続かないけれど、それは今までだけ。( =これからは続くはず )」

「 私は太っているからダメなんです。でも、良いところもたくさんあるし、あと3kgがんばって痩せてみようかな。( =いいことあるかも )」

というふうに、前向きな感じで言葉を変えてみるといいんじゃないでしょうか。

言葉の使い方・言い回しが本当に大事なんです。

私のことでちょっと恥ずかしいですけれど、私、年齢よりも若く見られることが多いんですね。大体 実年齢を教えると「 え~!」って びっくりしていただけるんです。

やっぱりね、おばちゃんぽく見られるのってイヤじゃないですか。だから若く見られるのって素直に嬉しいです♪

女性はみんな常日頃 若く見られたい・若々しくいたいと思っているのでw

で、若く見られるのってなんでかな~~って考えた時に、自分がおばちゃん化するような言葉を極力使わないことを意識しているんだって気がついたんですね。

別に若い子たちが使っている言葉を無理やり使っているわけではないし、着る服を痛々しいほどに若々しくしているわけでもなく。

やっぱり言葉の使い方なんですよね。口ぐせや話し方。

自分のことをおばちゃんにしたくないので、自分のことを「 おばちゃん 」なんて言いませんし、「 もう歳だから・・・ 」なんてことも言わない。

そんな言葉を使ったら、それこそ もう歳を重ねたおばちゃんという現実を引き寄せてしまうから。

余談ですが、コーチ仲間の自己紹介の時に 年齢を言うのに「 永遠の28歳です 」って言ったら、佐藤先生はウケてましたけどねw

私は歳を重ねても、いつまでも可愛らしい雰囲気と笑顔をもっていたいので、自分のことをおばちゃんなんて言わないようにしています。娘たちにも なにかお願い事をされるたびに「 『お願いします、可愛い・ステキなママさま』って言って 」って言うんです(笑)

苦笑いで言ってくれますけどw

自分が欲しい現実を言葉にして言うことです。必ずご自分の中や生活に変化が見られるようになっていきますよ ^^

今日は【 その話し方や口ぐせで、ホントにいいの? 】についてお伝えしました。

男性もあなたの話し方を気にしていますよ。言葉遣いが悪かったり、品がない感じの話し方だと、100年の恋もたちまち冷めてしまいます。がっかりされちゃいます。

・・・私も気をつけようっと!

それではこのへんで。

” 人とかかわることで人生が変わる ”

恋愛婚活教育コーチの栗田 和佳でした☆