「 好き 」になれそうなところを見つける

Pocket

「 はじめまして 」で出会って、顔を合わせたその瞬間から、相手へのジャッジが始まる。第一印象は? 話し方は? 話す内容は? タイプはどう? ・・・

相手を自分の判断基準に合わせ、裁き、自分の中で判断を下す。

話しながらも相手のいろんなところをチェックして、○×をつけて?

・・・実はこれ、自分の価値観で人を裁いている行為 なんですね。ちょっと上から目線な感じ。

婚活に限らず、私たちは日常で 無意識のうちに他者の良い・悪いを決めています。他者をジャッジするということは、その相手を自分より下に見ているということ。

「 人は鏡 」ですから、自分が他者に対してのジャッジをしていることが、そのまま自分に返ってくることを忘れずに。

相手もあなたを自分の価値基準に当てはめて選別しているのです。ひええ~(汗)

こんなことを知ると、なんだか「 はじめまして 」が怖くなってしまいそうになるけれど

これは、自分に自信がないがゆえにしてしまう行為なのです。不安だからこそ。

他者の欠点やダメなところ、その人のアラのようなものは、見ようと思えばすぐにでも見えてしまいます。人は人の欠点を探し出すのが得意だったりするわけですが、人のダメなところを探し出しても、あまり楽しくはないし 人との出会いや関係性を築くことが億劫になってくるのではないでしょうか。

基本的に 人は人と関わっていくからこそ自分自身が見えてくるものなので、積極的に人との交流を深めていくべきなのです。

その際に、相手へのジャッジではなく 「 好き 」になれそうなところを見つけようと意識してみることをおススメします。

欠点がひとつも無いっていう人は決していないけれど、どんな人でもひとつは 魅力的な部分をもっているものです。相手に対する「 好き 」「 いい感じ 」と思えるものが、必ずどんな人でもあるはずなのです。

指がきれいとか、声が優しいとか、小動物に似ていて好感がもてるとか、ごはんを美味しそうに食べるとかねw

どんな相手に対しても、自分が「 好き 」になれそうなところを見つけていくことで、あなた自身が少しずつ変化を感じられるようになっていきますよ。自分の人に対する変化。

それは、他者に対するジャッジをしなくなることで、自分自身の変な構えがなくなるんですね。あれほど気になって仕方がなかった ” 自分が相手にどう見られているのか ” ” どう思われているのか ” が気にならなくなるのです。

どう思われようが、どう見られようが関係ない。

私は私。自分は自分。って心持ちになるのです。

心に余裕が生まれてくるんですね。・・・すごいでしょう?

そうすると、自己愛が高まり 自分自身に自信がもてるようになってくる。

自信があって、なおかつ相手の良いところはどこだろう?と前向きな気持ちで目を向けているので、言葉遣いや態度が誰に対しても柔らかく、あたたかくなっていくのです。

そんなふうに柔らかな優しい感じをもった人が、周囲の人たちに放っておかれるはずがない。

「 そうは言っても、自分がなんだかイヤだなと感じた異性( 他者 )に対して、好きになれそうなところなんて探せない 」という人もいることでしょう。

生理的に・感覚的にイヤだなと感じた相手にでさえも、「 自分は 私は オレは、相手の良いところを見つけることができるんだ 」そう思うことで、習慣になっているジャッジが弱くなりますよ。

あなたがキライな上司や会社のあの人・苦手な知人・まわりに存在するすべての人に対して、「 こんな感じの人でも、良いところがあるはず・・・それはどこかな?」と思えるようになったなら、あなたは最強。

どんな人からも愛される存在になっています。

相手に対して なにをどう思うかは自由なのですが、「 好き 」になれそうなところ・いいなと思えるところを意図的に見つけることで、あなたの出会いや人との縁は どんどん可能性を拡げていくのです。

今日は【「 好き 」になれそうなところを見つける 】についてお伝えしました。

自分の価値観で人を裁くことをしなくなると、不思議と あなたのまわりには あなたにとっての感じの良い人だけが登場するようになっていきます。

常に相手の欠点やアラを探しているうちは、あなたのまわりには あなたにとっての感じの悪い人が集まるようになる、ということを知りましょう。

相手の良いところを積極的に見つけてください^^

他者の良いところを見つけることで、人との付き合い方も、自分との付き合い方も変わっていきます。

それでは今日はこのへんで。

” 人とかかわることで人生が変わる ”

恋愛婚活コーチの栗田 和佳でした☆