思考をクリアにするには、食べ過ぎない。

Pocket

そう遠くはない長期休暇、星野リゾートの『 熱海リゾナーレ 』に、私が家族を招待したいなああ!って思っています。そうできる自分になるのが目標。

ただね、長期のお休み時や年末年始、宿泊費がめっちゃお高いんです、ここ。でも、お部屋も素敵だし、子どもたちに楽しい体験をさせてあげたくて。

こんにちは!” 人とかかわることで人生が変わる ”婚活教育コーチをめざす、かなおです^^

そんな星野リゾートの代表・星野佳治氏についての興味深い記事がありましたのでシェアします。

多忙な経営者である星野氏が実践している健康マネジメント術・・・

それは、食事は一食、夕食のみ。

とはいえ、量は特に制限せずバランスよく好きなものを召し上がっているそうな。

年齢とともに基礎代謝が落ちてくるし、三食たべていると内臓に負担がかかるような感じがするからなんですって。一食にすると思考がクリアになり、仕事のパフォーマンスもアップするとか。・・・

これ、わかります。確かにそうです。

満腹だと脳の働きが鈍くなって眠くなってしまうんですよね~。身体も重くなるし。

私も大切な用事の時には、食べ過ぎないようにして挑むよう心がけています。空腹を感じたなら、深呼吸をしたり少しだけお菓子を口にしたり。


不食の人も存在する

以前読んだ著書に『 不食の時代 』というものがありました。

著者は、大病を患ってからは自分で作った青汁のみを口にして病を治してしまったという女性です。それからはずーーーーーっと青汁のみ。でも、いたって健康体。驚きです。

この著書を読んだ私も、この本に書かれているレシピを少しアレンジして手作りの青汁を飲むようになりました。

8年間くらい続けているのですが、まったく食べないというのはハードルが高くて汗)でも、食べ過ぎないように気をつけるようになってからは、思考がクリアで身体も疲れにくく軽さを感じます。

不食というのはできないまでも、自分の身体と対話して身体が喜ぶものをほどほどの量で取り入れていきたいものですね。

力のある経営者の方は、やはりご自分の身体の健康管理にもしっかり取り組まれているのでした。

今日は【 思考をクリアにするには食べ過ぎない 】というお話をお伝えしました。

でも、甘いものは別腹なんですよねええ!(笑)

それでは今日はこのへんで。かなおでした☆