相手を責めない・怒らない・ジャッジしない

Pocket

男性と女性は異なった生き物。

考え方や行動、価値観などが違うからこそ、それぞれの生き方から学ぶことがあるし 面白い。

異なった生き物だから、分かり合えるはずがない・自分の人生の時間の無駄だ、なんて考えてしまったら、きらめくパートナーシップの醍醐味を味わうことなく人生に幕を下ろすことになる。

そんなん、もったいないよ。

バランスのとれた関係は 深く深く愛情を育んでゆく。

パートナーシップは工夫次第で素晴らしいものになってゆきます。本当に。

私たち男女は、お互いが違った存在であることを忘れがちで、相手を一生懸命に変えようとしてしまうことが多々ある。

このことによって不要な衝突が生じて疲弊し、バランスが崩れて感情が乱れてしまうわけだけれど。

今日は そんなときに相手に対して無意識に評価・ジャッジしていないかい?というお話。

………………

自分の価値観と違うことを相手が言った・行動した。

イラっとする、言ってやりたい・直してもらいたい。

これは男性と女性にもっともある、”あるある” でございます。

心の中では相手に対するマイナスな評価でがっかり。

いつもならたくさん見えているはずの相手の良いところが、まったくと言っていいほど見えなくなってしまう恐ろしさ。

「 私ばかり(僕・俺ばかり)が、こんなに頑張っているのに・・・」

という、不公平感。それにともなう怒り・腹立たしさ。

落ち着いて考えれば些細なことだと思えることも、積み重なっていくほどに相手への評価は下落し、バランスが崩れ愛情も希薄になってしまう。

ついには別れを選択してしまうのが お互いのマイナスな評価によるものからだと気づくには、お互いの気持ちを素直に確かめ合うことを避けないこと、これを大切にすることです。

お互いの気持ちが分からないから、男性は男性の論理で考え、女性は女性の論理で考えて相手を責める。どうにかして自分の望むように変えようとしてしまうのです。

「 どーーーして分かってくれないんだろう!? 」

「 なぜ、あんな態度なのかしら!? 」

相手に対してこんな気持ちになると、怒りを覚えて責め口調になり 声も不機嫌、表情も不機嫌。

イライライライラ・・・

感情が爆発していつものような穏やかな気持ちではいられなくなってしまう。

お互いが違った論理を持っていて、お互いが相手と分かり合いたいと思うからこそ衝突が生まれるのだということを知っておいて損はないはずです。

相手を責めない・怒らない・ジャッジしない。

相手の話やその奥にある想いを ゆっくりと穏やかな気持ちで聞こうとする・理解しようとする姿勢が大切。

相手を変えようとするから、ケンカになってしまうのです。

信頼と尊重、愛情の絆で結ばれたパートナーシップなら、どんなことがあってもブレないし崩れない。

そんな素敵なパートナーシップを目指していきましょう♡

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

《 パートナーがいれば人生はもっと楽しい♡ 》

異性を知る・自分を知る・出逢いがひろがる

◆コミュニケーションを円滑にするヒントをお届け◆

・仕事と家の往復で出逢いがない

・婚活がうまくいかない

・異性との接し方に悩む、異性の気持ちが分からない

・パートナーが欲しい

【 男性ver. 】

http://line.me/ti/p/@vjs6879q

【 女性ver. 】

http://line.me/ti/p/@bkm9048a

【 恋愛/婚活/結婚/パートナーシップ 個別コンサル 】

https://peraichi.com/landing_pages/view/kanao