それは本当に必要ですか?

Pocket

年末になり、大掃除をしています。

お風呂の天井や細かいところ、網戸や窓を拭いて、トイレも忘れずに。廊下もワックスをかけて…ピカピカになりました。

こんにちは!” 人とかかわることで人生がかわる “婚活教育コーチをめざす、かなおです^^

普段から掃除はわりと好きでやっているのですが、年末の大掃除ですから細かいところやいつもはスルーしているところを念入りに掃除しました。気持ちが良いですね~!

そして、掃除と一緒に不要品とみなしたものはどんどん捨てました。私の捨て目安は「 3年以上使っていないもの 」を捨てる基準にしています。


不要なものを捨てる・手放すことで、スペースがうまれる

こんなふうに瞬時に不要品かどうかを見定めて処分していくと、頭の中で「 断捨離 」という言葉が浮かんできます。…まさに断捨離の境地。

物置の中のものを見定めてどんどん捨てていく。処分決定のものは市の清掃センターへ持っていきます。私はあまり執着がないのか、ひるむことなく悩むことなく即決で処分していきます。自分のものではないものは、ちゃんと家の者に聞いてから処分。

そうして、要らないものをどんどんどんどん手放してみたら、ぽっかりと空間ができました。

もともと広くて大きなスペースがあったことを思い出しました。

このスペースを見ながら、私たちも自分の中に少なからず不要なものをどんどん溜め込んでいて、それってこの不用品のゴミと同じだなぁって思いました。

それは日々の何かに対する執着だったり、誰かに対する悲しみや怒りだったり。妬みや嫉妬だったり。それらを意識的に手放していくと、こんなふうに広々としたスペースがうまれるんですねえ。

本当に欲しいものだけでそこが満たされたら…って妄想すると、やっほい!どんなに嬉しいだろう!スペース万歳!ですよね^^要らないものはためらうことなく どんどん捨ててしまいましょう。自分の欲しいもの・心地よくなるものだけを取り入れるために、要らないものを捨てる勇気も必要です。やってきた宝物はそのスペースでずっと輝いています。

今日は【 必要だと思い込んでいるものは、じつは不要なものかも。捨ててスペースをつくろう!】というお話をお伝えいたしました。

スペースには要らないものではなく、大好きなもので満たしましょうね^^

それでは今日はこのへんで。かなおでした☆